道遊坑どうゆうこう明治官営鉱山コース

「道遊坑」は、明治32(1899)年に開削され、佐渡金山の近代化に大きく貢献しました。
坑道奥には、平成元年の休山まで採掘されていた採掘跡が現存し、その規模に圧倒されます。
坑道を含め、トロッコ、機械工場、粗砕場など多くの設備が操業当時の姿のままで残されています。
また、このコースは、道遊の割戸直下の採掘跡、道遊の割戸を間近に見るポイント、高任公園からの道遊の割戸の絶景ポイントと、
佐渡金山のシンボルである「道遊の割戸」を存分に堪能することができます。

昭和7年に描かれた佐渡金山。基本的な施設は今もそのまま残る。

昭和7年に描かれた佐渡金山。基本的な施設は今もそのまま残る。

①コース入口 (左が道遊坑、右は宗太夫坑)

①コース入口 (左が道遊坑、右は宗太夫坑)

②江戸時代に「次助坑」と呼ばれた坑道を進む

②江戸時代に「次助坑」と呼ばれた坑道を進む

③坑内を実際に走っていたトロッコ

③坑内を実際に走っていたトロッコ

④日本最大の金採掘跡(道遊の割戸の真下!)

④日本最大の金採掘跡(道遊の割戸の真下!)

⑤道遊坑出口

⑤道遊坑出口

⑥高任神社(佐渡金山の神様。金運に恵まれるかも?)

⑥高任神社(佐渡金山の神様。金運に恵まれるかも?)

⑦間近に見る佐渡金山のシンボル「道遊の割戸」に圧倒!

⑦間近に見る佐渡金山のシンボル「道遊の割戸」に圧倒!

⑧トロッコ車庫

⑧トロッコ車庫

⑨「道遊の割戸」の絶景ポイント!

⑨「道遊の割戸」の絶景ポイント!

⑩鉱石を砕く粗砕場跡

⑩鉱石を砕く粗砕場跡

⑪高任坑入口

⑪高任坑入口

⑫コース出口 「お疲れさまでした!」

⑫コース出口 「お疲れさまでした!」